スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FF13の開発費36億円

最近のゲームは制作するのに一体どのくらいの値段がするのだろうか?
とゲームをプレイしながら思われる方はきっといるはず。
PSの頃辺りだと1億とかそういった値段だったが
PS3やWii、Xboxなどハード性能が高いやつだと製作費がいくらかかるのか
興味心身なものだ。

それで北米にあるサイトで、もっとも高い値段でゲームを制作したソフトの
ランキングを発表していた。FF13の開発費36億円だそうでふ~
まあ、こんなもんか!?

すると1位とか上位のやつが気になるところだが
3位はセガの「Shenmue」約64億円、2位はまだ発売されていないゲームだが
PS3の「Gran-Turismo5」約73億円。

そして1位は、GTA4だそうです。
GTAシリーズは洋ゲーですね。日本でもそのシリーズが発売されているので
PS2なんかで遊んだ方は多いのではないでしょうか?
開発費は約92億円!FF13と比べれば2~3倍と凄いですが
GTAは外国で売れているとは言え、果たして元が取れるのだろうか…

FF13は確か180万本ちかく出荷したそうだから、
それで36億円で黒字に乗っているのか微妙に分かりづらいですね。
去年のスクエニは約30%だったか?黒字報告があったが
ドラクエ9の効果が高そうだし、やっぱ微妙なラインか。

でも、次回作には期待したいですね。
と言ってもFF14が先に発売しそうか~


コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。