スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF13をプレイして思わず吹いたシーン

FF13をプレイしていたら、思わず吹いてしまったシーンについて。


スノウが「セラは俺が守る!」と力説したが、ライトニングに
「お前は守れなかっただろ!」とナイスな突っ込みのライトング姉さん。

スノウを憎むホープが、ライトングあれこれ説教を受けながら
戦いの知識を学んでいたが、カーバンクルのファルシを見て
ライトニングが人はファルシに飼われていると突然気付いて
今までと違うことをホープに真逆に悟したら
ホープが「あなた何を言っているんですか!」と切れたシーン。

テージンタワーのエレベーターのスイッチを、操作キャラがファングだと
足でスイッチを操作していた件について。

ラスボスの1回目を倒して、「ウォォォー!」と最後の断末魔を上げながら
池ぽい所に沈んだかと思いきや、数秒後には
また何事も無く池から上がって来た件について。

ラストの感動的なセラやドッジの再会シーンだが、セラとドッジが
来る姿を見て、セラの頭のサイズより、子供であるドッジの頭の方が
やたらデカイと気付いてしまった瞬間。
スポンサーサイト

ファイナルファンタジー13クリア後の感想

FF13を全クリアしたので、さっそく感想!
序盤のプレイで述べた通り、やっぱり道が一本道すぎるのが残念だ。
11章だけやたらと広く、難易度が急に上がるバランスの悪さ。

戦闘難易度に関しては、今までのファイナルファンタジーシリーズ
と比較すると全シリーズ中もっとも難易度が高かったのではなかろうか。
雑魚敵であれ、何度も全滅する仕様でした。
だが、個人的にはこの難易度の高さが良かった。

グラフィックの作りこみや、ムービーや背景は綺麗で評価に値するが
ストーリーがいまいち分りづらいのと、別になくても良いような
イベントを増やしすぎな感もあった。区切りとして置き過ぎ・・・


キャラクターは、仲間プレイヤーは良くできており感情が通っていたが
それ以外は影が薄く、シドとかロッシュが地味なキャラに見えた。
あと、何度も登場するバルトアンデルスを見て
またかよ・・・と、話を引っ張りすぎな感じがする。
苦労して入手した召還獣は、ほとんど使用した試しが無い(笑)

ノーチラスへ行けば、FF7のゴールドソーサーのような
ゲーセンがプレイできるのか?と思ったが、何もできず自由度が無い。
チョコボはただ臭いだけの動物扱いw

でも一番プレイしてて辛かったのは何か?と言うと、
読めない文字が多いことだ・・・
一応我がテレビのサイズは24型と小さいテレビでも無いのだが
今どきニンテンドーDSの小さい画面でも文字が見える時代なのに
FF13は文字が潰れて何が書いてあるのか不明w

「バ」「パ」なのか、「6」「3」など集中して見ても
読めないレベルだから参ったものだ・・・
漢字の部分なんかは何がなんだかサッパリでした~
文字が見えないので、何の名称のアイテム名なのかググって調べた日々のプレイ・・
あらすじを読もうとしたが、やっぱり見づらかったので序盤で読むのを諦めた!

と、まあこんな感じでした~
FF13が買いかどうかについては、PS3のハードを所持してるなら
やってみても良いかと思いやす~
ただ難易度が高いので、諦めが早い方だと途中で投げ出しやすいかも。
あと今までのFFシリーズのようなRPGとはちょっと違うゲームです。

FF13をクリア

大晦日にしてFF13をやっとクリアしました!
発売日から2週間の経過~
とは言え、まだミッションとか改造・解体関係が
放置気味なので、少しつづコンプしていくか~

全クリした感想としては12章からは敵がマゾいので、
無理してストーリーを進めずに11章で
かなりマッタリしてから来た方が良いと思った。
雑魚ですら時間かかりすぎるな・・・


とりあえず新年からはデータのまとめ作業に終われそうだ。
スクエニが5年かけて作ったゲームを2週間でクリアって
世の中こんなものか~

早い方で50時間ぐらいでクリアと書いてあったが
まあミッションとか放置ぎみならクリアできない時間でもないか!
クリア後はやり込み要素的なものは少ないでふ。

第13章 オーファンズ・クレイドル-ファイナルファンタジー13攻略

第12章のエデンをクリア

しばらくアダマンタイマイ狩りをして、トラペ×2つとプラ×4をゲット!
デス連打をすること4時間ちかく粘っていたが、こんなもんか・・・
心が折れそうですね。もうちょい効率良い方法はないのかと
ストーリーを進めたら、また考えてみるか。

んでもって第12章をサクっとクリアしすた。
11章に比べると、ストーリーが短かすぎるように感じますね。
コクーンへひさしぶりに里帰りしたら、あの歓迎かよ!
と言ったところか。最初の長めのムービーが凄かった。


プラウド・クラッドを倒してロッシュが飛んでから
セントラルへ行くまでに、イベントでファングにヴァニラが止められたが
ここはサガというもの。

エレベーターに乗る前にちょっとだけどうなったのかな?wと除いてみたら・・・
ロボとベヒーモスの跡形は全く無かった。
きっとテレポートしたんだろうな。あの世へw

聖府首都エデン~プラウド・クラッド FF13攻略

第11章のグラン=パルスを攻略

いや~やっと第11章を攻略しました(汗・・・
まだミッションとか全部終えてませんが、
またグラン=パルスに戻ってこれるので、
その時にやり込めばいっか!

テージンタワーとか混乱しそうですね・・・
なんでああまで面倒な迷路やら仕掛けにしたのかが謎だ。
敵の名前を見ると、メガテンぽい悪魔の名前が
ちょっといるし、敵もバイオハザードぽい雰囲気がするかー

サクっとヲルバ卿まで攻略した方が良いですね。
ロールのレベルも開放されるので、ロリヴァニラたんは
デス使いまくりで、ヤンキーファングは鬼ハイウインドウをばら巻きか~

ヲルバ卿は最初見たときに雪かと思いきや、あれはクリスタルが
散らばったやつぽいな。全てラグナロクがやったことなのか~
最終はリアルロマサガのバルトアンデルスがまた登場してきやがった。
召還獣も全員分整ったが、まだサッズの召還獣すら起動したことすらねえやw

第11章のメディア峡谷~ヲルバ卿-FF13攻略

呆れた裏技

ボケーっとキャラクターを操作してたら
裏技?ぽいやつを発見した。

やり方は簡単で、キャラクター移動の左スティックを
グルグルと素早く回転させると
キャラクターが立ち止まり、あきれたような仕草をする。

操作キャラクターにより、動作がそれぞれ違うようだ。
ヤンキーアネゴ=ファングなんかは、手で冷やかすなよ!
と言わんばかりに、めっちゃ呆れてました。

連鎖アビリティと効果

色々とアクセサリーを装備しながら発動する
連鎖アビリティをまとめてみました。
基本的には同じジャンルのやつを複数付けると発動するようだ。

まあATBが加速するやつと、属性ダメージが上がるやつは
覚えておいて損は無いだろう。
武器の効果とも合わせて組み込んだ方が効果的かね。

他にも何か特殊な組み合わせとか存在するのだろうか・・・?
どちらにしても、CPでのロール上げは
先にアクセサリーを覚えるように上げた方が徳だな~

連鎖アビリティ FF13攻略

テトラマラソンとダッシュシューズ入手

テトラ取りとダッシュシューズの入手について
まとめておきました(@@;
もう2度とミッション7はやるものか!ファックッ!

「テトラ出ねー」は今年のFF流行語大賞に選ばれそうなくらい
リアルラックというものが重要ですな~
日頃の行いでも悪いのだろうか(汗・・・

とーりあえず、テトラクラウンよりテトラティアラを入手した
方がお金がかからないのだが、どっちがドロップするかは運なので
何とも言いようが無いッス。運が良いと1,2戦で1個は出るけどさ。
長時間の末、やっとダッシュシューズを3足入手しますた!
ヘイストで戦闘時間は早くなったが、リアル寿命が縮みそうか(笑)

FF13のミッション7のテトラ解体でダッシュシューズ入手手順

ミッション1~17を攻略

メリークルシミマス!
しばらくミッションで遊んでました。
広大な大草原をひたすら歩きまくり、やっとマップがでけた・・・
方角は間違ってると思われるが、まあ分ればいいっか!

グッドチョイスや、金稼ぎの場なども用意されているので
第11章に入ったら、ストーリーを進めるよりも
先にミッションをやっといた方が良いと思った。

今必死こいて量産ダッシュシューズ製作中!
もう少ししたら、取り方の記事もアップできそうでごんざれす。
ちょいとブルジョワ気分が味わえそうだ。

ファイナルファンタジー13 冥碑の場所とミッション攻略

んっ、サボテンダーだ!

ミッションを進めてたら、丘の上にサボテンダーがいた。
サッズが捕まえようとしたが、逃げるようなイベントがあり
その後、あちらこちらでサボテンダーを見かけるようになった。

敵を発見して「!」マークが付くと、メタルスライムのように
ちょこまかと逃げやがった、捕まえるのが大変(@_@;
なんとか捕まえることに成功し戦ってみたところ
1体でCP5000でしたー

HPも結構多かったのと、物理ダメージのキックしか
してこなかったが、スロウなど弱体ダメージをレジストしやがるし
CP5千であの強さと捕まえるだけの労力に似合っていなかった・・・
FFシリーズだとAP稼ぎはサボテンダーだったが、
今回はそうでもないんだなー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。